御使用にあたり以下のリスクが有ります
1シートを.ドアに挟んで使用するためのリスク
      A.パッキンを損傷する恐れが有ります。
      B.ゴミ・金属片等が付着していた時大きく損傷し、雨水等が浸み込む恐れ
        があります

2.装着・脱着時の危険について
      A装着じゴミ等の無いことを確認してください。リスク1.の原因になります。
      B.駐車スペースが狭いところではドアの開閉時に他車にドアをあてる
      C強い風が吹いている時シートが煽られ作業者が転倒する。
      D強い風が吹いている時シートが煽られ.ドアが他車にあたる。
      E.シートが飛ばされ思わぬ事故が起こる。
      F.雨が降った後の予想を超えた冷え込み時にはシートが凍り、折れることも
       考えられます。取り扱いにはくれぐれも注意願います。

3.乾燥について
      A霜や水分が付いている.状態で取り外した時、乾燥した状態になりますよう
       霜が解けた後、布等で水分をきれいに拭き取り乾燥させて下さい。カビの
       発生の原因となります。
      .B.布等で拭いた際にはゴミ等の付着がないことを確認してください。

4.長期間の不使用・保管について
      A.長期間の不使用となる時は特に乾燥した状態での保管をお願い致しま
        す。湿気が有りますとカビの発生・匂いの付着の恐れが生じます。